介護福祉施設での給食の受託

「幸せの半分は食卓にある」、施設のご利用者の方々の何よりの楽しみは、おいしい食事と気の合う仲間との楽しいおしゃべり。
私たちは、ご利用者の豊かな日常とクオリティー・オブ・ライフを送るお手伝いを食事の提供で演出してまいります。

 

1
ご入居者様に、なじみのある和食を中心とした、バラエティー豊かな献立を提供します。
朝食(和食)
夕食(肉料理)

2
ご入居者様の生活に彩りをもたらす、行事食・イベントの工夫を行います。
ハロウィン
バイキング
クリスマス
天ぷら実演

3
ご入居者様の体調や能力に応じた、食べやすい食事の工夫をします。
食べやすい食事(ソフト食)

4
安全衛生の徹底をします。手指洗浄や個人衛生点検表の厳格な運用から、「疑わしきは厨房にいれず」を徹底して食中毒の危険を未然に防ぎます。

5
介護福祉施設の業態別に適切な給食システムを提案しています。

  • 特別養護老人ホーム・介護老人保健施設などの介護福祉施設 
    調理師の手作りを基本に、オリジナル完全調理済み冷凍食品を合わせて、安全・安心な食事を提供する「アルス “ハイブリッド” 給食システム」を提案しています。
    アルス
  • サービス付き高齢者向け住宅・通所施設・グループホーム・ケアハウスなどの
    小規模高齢者施設

    朝・昼・夕三食を、オリジナル完全調理済み冷凍食品での提供を可能にした、「アルス “korekara” 給食システム」での受託をしています。プロの調理人がいなくてもおいしい食事の提供が可能です。
    アルス