病院での患者給食の受託

入院生活の中で、食事は大きな意味を持っています。
食べることは、生命をはぐくむ大切な医療行為ということを自覚し、医療方針に基づき、患者様一人一人の病状にあった食事を提供いたします。
また、単調になりがちな入院生活に潤いをもたらす、おいしく選べる食事を、季節の香りとともにお届けします。
また、アルスのフードサービス運営方針「お客様のなくてはならない人となる」にのっとり、お客様のご要望やご希望には、どうしたら実現できるかをよく話し合うことで、給食品質を高めてまいります。

1
治療食は、病院の医療方針、栄養科の栄養方針、NST方針にのっとり、高品質のおいしい食事を、事故なく正確に時間通りに提供いたします。

2
安全衛生を徹底してまいります。手指洗浄や個人衛生点検表の厳格な運用から、「疑わしきは厨房にいれず」を徹底して食中毒の危険を未然に防ぎます。
手指洗浄
個人衛生点検表

3
入院生活に潤いをもたらす、献立を工夫します。
基本トレイセット(朝食 洋食例)
基本トレイセット(昼食 洋食例)
基本トレイセット(夕食 和食例)
行事食(ひな祭り例)
イベント食(クリスマス例)
幼児食

4
病院の規模別・業態別に適切な給食システムを提案しています。

  • 大規模病院
    病院の食事方針にのっとり献立を工夫し、運営は手作りの料理を中心に、安全とおいしさを追求します。また、セントラルキッチンシステムなどの提案もしています。
  • 特療養型病院や精神科病院 
    調理師の手作りを基本に、オリジナル完全調理済み冷凍食品を合わせて、安心・安全な食事を提案する「アルス “ハイブリッド” 給食システム」を提案しています。
    アルス